HUG

2009年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2009年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年10月
ARCHIVE ≫ 2009年10月
      

≪ 前月 |  2009年10月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

サツマイモスコーン

DSCN1033_convert_20091030070816.jpg
まいど、サツマイモです。

秋ですから。
今年のハロウィンは、サツマイモでいきます。


お次はサツマイモスコーンつくりました。

●材料(4ヶ分)
A: 薄力粉     75g
  準強力粉    75g
  砂糖       10g
  塩         3g
  ベーキングパウダー 小さじ2/3

バター        50g(角切りにして、冷蔵庫で直前まで冷やしておく。)  
水           50g

B:サツマイモ  大きめのもの 1/2本(レンジで蒸して角切り。皮はつけたままで。)


●作り方

①材料Aをボウルに合わせて入れておく。
②バターを1cm角に切って、直前まで冷蔵庫で冷やして置く。
③オーブンは200℃くらい。
④ ①のボウルにバターを入れ、手でつぶしながら混ぜる。
  バターは溶かさないように手早く。
⑤バターが混ざったら、水を手早く混ぜる。
⑥材料Bを⑤にいれ、さっと混ぜる。
⑦4等分に分けて、丸く握る。
⑧オーブン200℃で20分ほど焼く。
完成。


甘さは控えめなので、はちみつやメープルをかけて食べてもおいしいです。

Happyハロウィン♪♪
スポンサーサイト

自家製レーズン酵母のサツマイモパン

DSCN1042_convert_20091030070743.jpg
金沢の実家より送られてきたサツマイモ
まだまだあるので、次はコウボパンに入れて焼いてみました。

コウボはレーズン酵母で。
前日にこねておいたものをゆっくり冷蔵庫で発酵させる。

次の日冷蔵庫から出して、丸める。
DSCN1027_convert_20091030070559.jpg
芋が大きすぎた・・・


DSCN1038_convert_20091030070900.jpg
少しずつまともな形になってきました。

イイホシユミコ器展

普段、青山なんてオサレスポットには全然行かないわたしたちですが、
ほんとに久しぶりにやって参りました。
たった3駅なのに、なんだろう、この違い。

本日の目的はスパイラルマーケットにて今日から開催されてる
イイホシユミコさんの作品展


淡いエメラルドグリーンの色のお皿を購入しました。
なかなか見かけない色。
これでなにを食べよう??
シンプルだけど、やわらかくて暖かいこのかんじが好きですが、
たぶんイイホシユミコさんであろうと思われる方にお会いできて
器にも人柄がでてるなぁ・・・と。
物にしても、料理にしても、お店も、やっぱり人の想いや人柄が出るんだなぁとつくづく思います。

菜な@渋谷

渋谷でごはんしようと思うといつもどこに行けばよいのか困る。
で、お客さんに教えてもらったお店を思い出しました。
『菜な』
渋谷駅すぐなのに落ち着いていて広い店内。
客層もアラサー&アラフォー
食事もお酒も品揃えが多いので、迷う。
DSCN1018_convert_20091027091443.jpg
秋鮭と小芋のおかきあげ
DSCN1015_convert_20091027091354.jpg
おばんざい3品 明石蛸の煮付けに豚肉と蓮根のきんぴら、牛タタキのクリームチーズ添え
DSCN1019_convert_20091027091622.jpg
蟹と蟹味噌のおじや
・・・と、今日は寒いので燗酒
DSCN1020_convert_20091027091548.jpg
いちじくのチーズケーキ


おまけ
DSCN1022_convert_20091027091713.jpg
DVD観賞のおともにケーキ4つ♪

牛スジ肉の赤ワイン味噌煮込み

お味噌に赤ワイン?!
しかも器に盛ったら葱どっさり!!
見た目は和風な牛スジ煮込みですけど・・・・?
これがお酒の肴にいいんです。

赤ワインとご一緒に。おいしいですよー♪

ちなみに、おいしい赤ワインも入荷しました!
「一目惚れ」という意味のワインです(フフフ)
滑らかですすー・・・・っと飲めるオーガニックワイン。

サツマイモと秋のきのこのキッシュ


ひさしぶりのキッシュです。

サツマイモと秋のきのこのキッシュ

実家から送られてきたサツマイモがたくさんあるので
イモをごろごろいれた甘めのキッシュをつくりました。
イモときのこでは味にパンチが足りないので、
生ハムをみじん切りにして入れました。

本日より・・・

いもくりかぼ茶



Today’s Tea
いもくりかぼ茶(笑)
ミルクティーにするのがオススメです。

自家製レーズン酵母パン

そんなにたくさんはないのですが、酵母パンもお出ししています。
アヒージョなどと一緒に食べてください♪

ハロウィンって・・・

10月末ってハロウィンなんですね。

毎年、花屋さんに並ぶ黄色いかぼちゃを買おうか、買うまいかで悩んでしまうんです。
だってハロウィンって日本人になじみがない行事なんですもん。
で、去年は小さいかぼちゃを控えめに飾っておいたんですが、
今年も悩んだあげく(200円くらいのカボチャに悩むなよぉーって思われるでしょうが)
飾りはやめて、食べられるカボチャを買いました。

パンプキンパイにしようか?かぼちゃのチーズケーキにしようか?

結局、かぼちゃスコーンになりました。
蒸してやわらかくなったかぼちゃの種と皮を取り除いて
つぶして、水あめを加えてかぼちゃペーストをつくり、
スコーンにたっぷり混ぜ込みました。
シナモンとグローブをかなり控えめに入れて。



かぼちゃの次は実家から持って来たサツマイモで、なにかつくります。
秋はいもくりかぼちゃがおいしいですね♪

今週末は三茶大道芸

毎年恒例の三茶大道芸10/24・25今週末ですよー!

毎年、三茶のいろんな場所で盛り上がってますが、なんだかんだで見たことないわたしたち。
しかし、パンフレットはお店にありますのでどうぞお持ちください。

三茶大道芸の日に今年もGolden Syrupさんのジュエリーを販売するそうでーす。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、来週末は「三茶de大道芸(世田谷アートタウン2009)」です。
駅から歩いて2分の花屋のCalenさん前にて
3chaMarketに参加します。
'Drop'シリーズなど新作も並びます。
ぜひお立ち寄りください☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Golden Syrupさんのブログより。

街をぷらぷらするだけでもたのしいと思いますよ!
週末は三茶へどうぞー。

鳥越までドライブ

金沢から車で50分ほどいくとこんな気持ちのよい田舎が・・・
(金沢は狭いので20~30分で山にも海にもいけますが。)

DSCN0941_convert_20091021045657.jpg
DSCN0943_convert_20091021045850.jpg
DSCN0940_convert_20091021045817.jpg

近くにバードハミング鳥越という宿泊施設やオートキャンプ場、スキー場などもある旧鳥越村までやってきました。
渓谷もすぐ近くにあり、見に行きたかったけど、
知らない土地で迷ったら怖いので日が沈まないうちに帰路へ。
鳥越はお蕎麦や堅豆腐で有名なんだそうです。

乙女の金沢

地元のことなのにあまりにも知らないことがたくさんあり
帰省してもどこにもいかずに過ごしているのはもったいないなと
思い立っていまさらながら金沢の本なんか買ってみたり・・・
乙女の金沢―カフェ、雑貨、和菓子、散歩道…かわいい金沢案内 (マーブルブックス)乙女の金沢―カフェ、雑貨、和菓子、散歩道…かわいい金沢案内 (マーブルブックス)
(2006/09)
乙女の金沢制作委員会

商品詳細を見る

読むだけでも楽しめました。

ちょこっとトレー

茶屋街からぷらぷら近江町市場に向かって歩く。
途中、不室屋の麩まんじゅうを家族へのおみやげにと、立ち寄る。
皆、生麩好きなんです。
あっさりとしたこしあんを生麩で包んで、笹でくるんだ麩まんじゅう。
皆に食べてもらいたいくらいおいしいけれど、
日持ちがしないので自宅用。

その後、近江町市場へ。
日曜の夕方なのでほとんどが店じまい。


暗くなったので、住所を頼りにギャラリー喫茶「コラボン」を探すも
見つからず、
たまたまみつけた「岩本清商店」という桐工芸のお店に入ってコラボンの場所を聞く。
ちょうどお休みの日だったらしい・・・・(泣)

こちらのお店も本で見て気になっていたので
「ちょこっとトレー」を購入。
桐工芸といわれると高そうで使いにくそうに思われますが
(実際高くて手がでないものばかりですが)
若い職人さんがつくったこのトレーは若い人でも気軽に使えてしかも可愛い。
工芸品も身近に感じられます。
自分用に買ってしまいましたが、こんどは贈り物とかに利用したいものです。
tray_pic_01_main02.jpg




麩まんじゅうのせてみました。
DSCN1001_convert_20091021051735.jpg

金沢の街もいいもんだ・・・


川向こうのひがし茶屋街

川を渡ると「ひがし茶屋街」がある。
お土産屋さんや茶房が多くあり、平日というのにこちらは観光客も多い。
観光バスが止まる駐車場もある。


てぬぐい屋さんの灯り
DSCN0979_convert_20091021051217.jpg
DSCN0973_convert_20091021050917.jpg
DSCN0972_convert_20091021050841.jpg
DSCN0970_convert_20091021050804.jpg
DSCN0969_convert_20091021050715.jpg
DSCN0986_convert_20091021051340.jpg
道端のポストの上に栗?!
DSCN0983_convert_20091021051258.jpg
DSCN0995_convert_20091021051456.jpg
DSCN0976_convert_20091021051036.jpg
茶屋街らしいストリート
DSCN0977_convert_20091021051120.jpg
茶屋街の近くの民家の中にある古本カフェ「あうん堂
外観がしゃれてます。
DSCN0997_convert_20091021051541.jpg
「ひがし茶屋街」から「主計町茶屋街」に向かう
夕暮れの表情がまたステキ
DSCN0999_convert_20091021051624.jpg




主計町茶屋街を訪れました。

「主計町(かずえまち)茶屋街」
浅野川沿いにあるしっとりとした風情の茶屋街。

車も通れない狭い路地裏には旅館や民家が軒を連ねていて
迷路のよう。
まさに小京都。
しかしほんとにサイズは小さい。

DSCN0963_convert_20091021050153.jpg
橋を渡って向こう岸の「ひがし茶屋街」へ
DSCN0962_convert_20091021050118.jpg

DSCN0967_convert_20091021050342.jpg

DSCN0966_convert_20091021050227.jpg

DSCN0960_convert_20091021050047.jpg
橋場町バス停を降りたらすぐ。

規則正しい生活

実家に帰ると、朝早く起きて3食食べる生活が待っています。
ごはんと味噌汁と焼き魚に庭から朝撮り野菜。
米は今年の自家製天日干しの新米。
魚も祖母の実家から届いた釣ったばかりの鯛。

質素であり贅沢。

DSCN1005_convert_20091021051814.jpg

DSCN1008_convert_20091021051849.jpg

DSCN1009_convert_20091021051924.jpg
父は農薬を使うのを嫌がるので、草ボウボウで虫だらけの庭ですが
おかげさまでオーガニックです。

金沢帰省

3日間お休みを頂いて、友人の結婚式やら帰省で
のんびり過ごしてきました。
金沢の天気予報は週末ずっと雨だったにもかかわらず
運よく晴れ間に行動できて雨女返上?!の予感です。

ほくほく線での帰り道に買った駅弁『さば寿し』
DSCN0937_convert_20091021045533.jpg

量はすくないので、小腹減ったときに。
DSCN0938_convert_20091021045622.jpg

結婚式

このたび農大女子会のメンバーのひとりが結婚しました。

アットホームな雰囲気の会場とスタッフの方々、そして料理がおいしいということで
選んだらしいこちらのホテルのレストランは新郎新婦のほんわかした雰囲気にピッタリで
ステキな場所でした。

久しぶりに会った友人たちも変わらず、ここは結婚式会場ということも忘れて(?!)
ワイワイたのしい時間を過ごせました。
お料理もほんとにおいしく、モリモリ食べてしまいました。

DSCN0906_convert_20091021044634.jpg
三井ガーデンホテル銀座プレミア16F
レストラン スカイ
DSCN0905_convert_20091021044756.jpg
ウエディングリング
DSCN0913_convert_20091021044910.jpg
野菜のテリーヌ(生魚が食べられない友人用に)色彩りがめっちゃ美しい!
DSCN0914_convert_20091021044937.jpg
ぼたん海老と鮮魚のタルタル バルサミコトマトクーリソース?
DSCN0915_convert_20091021045014.jpg
トマトのフォカッチャ おかわり自由なため何個食べたか・・・・
DSCN0916_convert_20091021045046.jpg
軽くスモークしたシャラン産鴨胸肉とポワロー葱のテリーヌ
オレンジのピュレとシェリービネガーのアクセント 
DSCN0925_convert_20091021045148.jpg
季節の鮮魚のソテー ほうれん草とフレンチキャビア添え
レモンオイルとからすみをちりばめて

ビックマッシュルームのスープ トリュフの香り パンにも合います。


DSCN0928_convert_20091021045302.jpg
国産牛フィレ肉のグリル ラベンダー風味の赤ワインソース
付け合せに紫芋のマッシュらしきものが添えてありました。これがまた脇役なのにおいしい。
DSCN0927_convert_20091021045213.jpg
こちらは肉が食べられない友人用 海老のグリル
DSCN0933_convert_20091021045342.jpg
ウエディングケーキ 季節のフルーツジュレとソルベ
と、コーヒー スポンジケーキがフワフワでおいしい。
結婚式のお料理ってあんまりおいしいって思わなくて残してしまったりするけど
今日は完食です。おまけに友人の分まで頂いてました。
おいしゅうございました。
DSCN0936_convert_20091021045500.jpg
眺めも最高です。

どうぞお幸せに・・・・

ブルーチーズのスコーンレシピ

赤ワインに合わせて。

●材料(4ヶ分)
A: 薄力粉 75g
  準強力粉 75g
  ベーキングパウダー 小さじ2/3
  砂糖 10g
  塩 2g

B: くるみ 30g
  ブルーチーズ 30g
  レーズン 30g

  バター 50g
  水 50g

●作り方

①材料Aをボウルに合わせて入れておく。
②バターを1cm角に切って、直前まで冷蔵庫で冷やして置く。
③オーブンは200℃くらい。
④ ①のボウルにバターを入れ、手でつぶしながら混ぜる。
  バターは溶かさないように手早く。
⑤バターが混ざったら、水を手早く混ぜる。
⑥材料Bを⑤にいれ、さっと混ぜる。
⑦4等分に分けて、丸く握る。
⑧オーブン200℃で20分ほど焼く。
完成。

オーブン内にチーズのいい香りが広がります。




ハタトモヒロ写真展

PB240113_convert_20091125060928.jpg
本日よりkayaとsulaにて開催されました。

『ハタトモヒロ写真展』

世界を旅して見た美しいものや感じたことが詰まってる写真の数々。

わたしは写真のことはよくわかりませんので上手いこといえませんが、
素直に見たことない世界や空の青さに感動しました。

ぜひ見に来てください。
ブログもかなりオススメです♪

ブルーチーズのスコーン

試作中です。

赤ワインに合うスコーン。
ブルーチーズとクルミたっぷり塩っけのあるスコーン。

先日は試作で何人かお客さんに食べてもらい反応を伺いましたが
意外と皆さんこーゆーの好きなんですね。

さっそく近々出したいとおもいます。

駅裏のもちぶたラーメン

本日はいつも仲良くしていただいてるM&Mご夫妻に、
下高井戸の駅のすぐちかくにある「もちぶたラーメン利田商店」
(・・・だったかなー名前しっかり覚えてないんですが)
に、連れてってもらいました。
DSCN0884_convert_20091013010455.jpg
まかないつけめん
DSCN0885_convert_20091013010528.jpg
店内
DSCN0889_convert_20091013010604.jpg
もちぶたラーメン(ネギたっぷり)

店主おすすめは背あぶらーめん納豆(?!)
納豆が麺と絡み合ってて意外とおいしいんです。
ちょっと納豆臭さは好き嫌い分かれると思いますが。


殿方は男同士、温泉&ビール
わたしたちはショッピング&お茶で楽しんだ後、合流して
「よくいくラーメン屋さんがあるんでいきませんか?」と。

普通のラーメン屋さんを想像してお店についたら
全然、想像とちがうオシャレ~なラーメン屋さんで。
この写真ではステキさが伝わらないのが残念です。

カフェバーを思わせる白い壁に
トーンダウンした暖かい色の照明
味のある木のダイニングテーブルとスツール
思わず「まずはコレでしょう」・・・と頼みたくなるお酒のラインナップとおつまみたち

お店の入り口に大きい寸胴がぶら下げてなかったら、まずラーメン屋さんとは思わないで入ってしまうでしょう。
次々と入ってくるお客さんたちも、ほとんどの方がまず飲んで、つまんで、
最後にラーメン、という使い方(見た限りでは)
おつまみもアボガドディップのトルティーヤ添え、もやしとくずチャーシュー、ゲタカルビ・・・
話すことと食べることに夢中で写真を撮るのをまったく忘れていましたが、
どれもおいしかったです。

店主や奥さんも気さくなかんじで、常連さんが多いのもわかるなぁー。
すごくいい店だと思います。

ひつまぶし

DSCN0893_convert_20091013010758.jpg
お義母さんお手製のひつまぶしが届きました。(義弟くん経由で。)

だんなとわたしの大好物なので、
実家に帰ったときやこうしたお土産でちょくちょく食べているような気がしますが
たくさん作ってくれるので好きなだけおかわりできるシアワセがたまりません。
ほんとおいしいです。
こんなおいしい手料理を食べて育っているから、
わたしよりだんなのほうが料理がうまいんでしょうねぇ・・・あは。

自家製プルーン酵母

先日、秋田の友人にもらったプルーンで酵母おこしました。
1週間近くビンの中で育てて、
シュワシュワしてきたら小麦粉とお水をまぜて
さらに1日。

「これでふくらむんかな?」
と心配になりつつ、冷蔵庫で低温発酵。

次の日、ほんの少し大きくなった気がしましたが、
ホシノ酵母より膨らみは弱いかも。

なんだかいびつなプルーン酵母パンが焼きあがり。
DSCN0877_convert_20091007053019.jpg
食べると香りはちゃんとプルーン!
すこし酸味のある素朴なパンに。




タルマーリー

DSCN0867_convert_20091007053123.jpg
三茶の仲見世商店街にある小さな雑貨屋さん「ふろむあーす」で見つけた
タルマーリー」のバゲット

「ふろむあーす」はフェアトレードコーヒー、アクセサリー、
雑貨や衣服のみならず、
酵母パンや有機野菜、オーガニックな食材が
所狭しと並んでいるので一度入るといろんなものに目を奪われて
なかなか出てこられない。
石鹸を買いにいったのに、レジ横においてあった見かけ力強いパンたちが気になって気になって・・・・
買って帰りました。
DSCN0872_convert_20091007053159.jpg
オリーブオイルだけでたべましたが
香ばしくて小麦のいいかおりがするおいしいパンでした。

『Meets』発売

Meets 東京通本
~ターミナルの向こう、ゴキゲンなとなり街~
が、発売!Kayaも小さく掲載されました。
tokyotsubon.jpg

関西方面ではかなり熱い雑誌といわれている(?!)
『Meets』

東京ひとりメシ
東京ひとりめし―街なかのひとりごはんを解決! (えるまがMOOK ミーツ・リージョナル別冊 東京篇)東京ひとりめし―街なかのひとりごはんを解決! (えるまがMOOK ミーツ・リージョナル別冊 東京篇)
(2009/04)
京阪神エルマガジン社

商品詳細を見る

東京の手仕事
tokyonoteshigoto2.jpg


に続いて発売されたのがコチラの特集。
グルメ雑誌とはいえない下町ローカルな赤提灯の店の数々。
わざわざ行きたい街や店ではないかもしれないけど、
なんかいい街。
地元民に愛されてる街。
通いたい店。

正直今回の特集になんでkayaが載せてもらえたのかわからないくらい、
下町のヤンチャ色が濃ゆいですが、さりげなく載ってます。

三茶は特に三角地帯がメインなので、
ご近所のラヂオ焼さんや食堂オサカさんらも載ってます。

三茶TSUTAYA-booksの入り口に『Meets』並んでま~す。
ぜひ見てください!

新作です

PB240119_convert_20091125061005.jpg


Golden Syrupさんの新作ジュエリーです。
今回、無理いってつくっていただいた低価格帯のジュエリー
前作は大地や生命の力強さみたいなものを感じる作品でしたが、
これはまた、がらっと変わって、繊細ではかないかんじがかわいいです。

DSCN0859_convert_20091001060006.jpg
通称、枝リング(左)

DSCN0852_convert_20091001055829.jpg
「Drop」ピアスもあります。

DSCN0854_convert_20091001055913.jpg
色違い、石違いでいろいろあります。
写真だと思った色に写らないので、ぜひお店で手にとって見てください!
Golden Syrupさんは10/24・25の三茶大道芸のとき出店するそうですよ~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。